名栗ゲート調査

最近はホント家でぬくぬくしてるんですけど、ブログ更新しないと引退説とか死亡説が流れてしまうので

ネタ入手の為、前回取り上げた名栗のゲートについて調査してきました!

kagi.jpg
これですね、コレ。前回見たときは第一印象で「やる気マンマン」だなと思いましたが…
よく見ると前からある鍵ゲート(西名栗林道等)も記載されている様な。結局見るべきは大名栗線と有馬林道だけじゃねーか?とりあえず見に行ってみようみたいな。


P2111257.jpg 
んで、まずは大松閣からの大名栗林道。おそらくココから入る人が多数でしょうし、一番気になるポイントかと。


P2111259.jpg 
まずは第一関門のウエルカム・ゲート。これは…楽勝です。というか来るの早すぎた感が。
ザクザクの雪とスケートリンクな轍に萎える。

P2111280.jpg 
P2111281.jpg 
そして数百メートル先にあるコレが新設ゲート。サイドのフェンスによりほぼ鉄壁な守備力。
これはもう下くぐれる人限定でしょうね。残念としか言いようがありません。
※このフェンスなら引っこ抜けるんじゃないか?と思いましたが暴挙には至らず。多分無理でしょう。


んで次は有馬林道

P2111265.jpg 
ダム付近は残雪なく快適。この快適さが続いたら最高なんですが…

P2111266.jpg 
林道起点からこんな状態で激萎え。縄・チェーン、スパイク加工など対策装備なく悶絶。


P2111267.jpg 
そして鍵現場到着。5/14のオートバイ死亡事故(例の転落事故でしょう)の目撃者を探してるみたいですね。
でも…いくらなんでもそりゃ難しいだろとw

P2111268.jpg 
ここは橋にチェーンが張ってあるだけ。ただ高さは絶妙で、そのままでは跨げず潜るには低い感じ。
複数人いれば少し車体持ち上げて行けそうな。ジャンプ台あれば確実かと。

最後は…大名栗終点へ

と言いたいところですが、終点は標高800m位なので無理!
おそらくあの独特なタイヤ付きゲートの「縄」がチェーンでぐるぐる巻きな状態になってるのではないでしょうか。妄想ですけど。

とりあえず、現時点で自分が言えるのは

有馬林道からの突入余地はあるかも(複数人ならほぼ確実か?)

です。



最後に炭谷入線から西名栗林道の様子を見に。

P2111276.jpg 
P2111277.jpg 
工事車両が頻繁に出入りしている為か、かなり高いトコまで行けましたが現場から先は無理。
結果、ゲート情報などは得られず。多分今まで通りサイド微甘状態維持な予感(妄想w)。
こんな事書くと悪魔的副所長がサイド塞ぎに来るかも…

※副所長については→ココ



スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [埼玉] | トラックバック(0)2018/02/14(水)15:51

«  | HOME |  »


プロフィール

yamasang

Author:yamasang
オヤヂライダー、林道でイクっ!

検索フォーム

Garmin eTrex 20x

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR