FC2ブログ

これは辛い ③マシンが辛さをくれたわ

意外な「ゲート的辛さ」を味わった後は、小塩塩之岐林道へ。ここまで来たからにはメジャーどころは走っておきたいなと。
まぁ、ここまで来たというのはオーバーかもしれませんが、埼玉からは普通に遠いですココは。
県境のメジャー林道使えば、遠いな感も多少緩和されますけど、今全滅みたいで…安ヶ森林道は強制廃道とか???


IMG_20181008_080306.jpg 
IMG_20181008_080732.jpg 
さすがツーリングマップルに説明文付きで記載される林道だなと、適当に流していた…
その時!とんでもない異常事態発生w

ブババババッ

なんだこのエンジン付近の爆音は?
まさかこんな場所で逝ってしまったのか…いや待てよ、エンジン普通に動いてるし。
メカニカル異音というよりは単なる爆音だなこれは。

そして衝撃の事実が発覚したのです。


IMG_20181008_081515.jpg 
なっ、なんじゃこりゃー!





この名場面はほんとシビれますねぇ(再生は要PC環境)




IMG_20181008_081542.jpg 
IMG_20181008_113856.jpg 
こんな事あるんでしょうか?いや、現実ここでありました。
フレーム部分がもげたみたいです。そして残念な事にマフラー本体のステーも逝ってます。
断面の新鮮さから判断すると、同時ではなく先にマフラー溶接のステーが逝って、その後一箇所で支えていたフレームが振動などでダメージ蓄積、今回の様な事件となった模様。


IMG_20181008_084530.jpg 
一応ナイロンストラップで応急処置をしてみましたが、当然のブラブラ感で林道走行の続行は不可能という事で遠征終了決定!
しかもこの状態で高速に乗るのは怖いので、一般道でチンタラ帰宅という面倒臭さ、そして辛さのオマケ付き。

それは厳しい、嫌だ。というわけで…


IMG_20181008_121208.jpgIMG_20181008_113209.jpg 
時間は腐るほどあったのでコメリ会津田島店に立ち寄り、簡易修理を行う。
駐車場での作業は一般客の視線が痛いですねーw


IMG_20181008_123353.jpg 
完璧ではないけど、高速走行に不安ないレベル。中間のパイプ部分のステーだけ溶接すればこのままいけるんじゃないかという錯覚すら。
※このままではステーの長さ足りず


という感じで連続福島は終わってしまったんですけど、今回は前回より辛いものになりましたね。
しかも求めた辛さとはちょっと違うものを味わってしまいました。でもそういうスパイス的なイベもたまには良いんじゃないかと思いますよー。















スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [南会津] | トラックバック(0)2018/10/21(日)15:20

これは辛い ②別な意味で辛いわ

翌日は筋肉痛でヤル気イマイチだったんですが、宿自体が奥地だったので即帰宅したい気も生じることもなく
「チャチャっと(少々のブログネタ拾って)早めにけえろう」
みたいな感じで走行開始。


gmapa.jpg 
場所はこの辺り。こんな地図じゃ分からんと言われそうなので、最後には詳細貼りますよー。


IMG_20181008_062313.jpg 
白沢地区のココを右に入るべし!
標識に釣られて左行く人はまず居ないでしょう。


IMG_20181008_062403.jpg 
少し進むと、ゲートのようなものが。但し、見ての通りザル・オブジェ。


IMG_20181008_062729.jpg 
IMG_20181008_063341.jpg 
川沿いは雰囲気いいけど、行き止まり。
これにて終了!というわけではなく…


IMG_20181008_064944.jpg 
途中の分岐から快適なダートを楽しめるという。距離測定忘れてしまったんですが、10kmくらいはあったような気が。


IMG_20181008_065502.jpg 
但し、終盤はこの小屋から「作業中の道」。今日は祝日で誰も居なかったのでセーフ。


IMG_20181008_070332.jpg 
IMG_20181008_070528.jpg 
これは作業していたら完全にアウトであろう本格重機の数々。作業区間自体が長くて大規模ですので要注意ってやつですかね。


IMG_20181008_071533.jpg 
作業区間後は阿多根沢沿いの舗装路なんですが…最後、倭橋の手前にゲートが。
これがなかなか厳しいんですよね。


IMG_20181008_073528.jpg 
通れる車体もあれば、通れない車体もありそうな。ハンドル幅次第ですかねー。
正直辛かった、というかココだけが辛かったw

んで、最後に地図を貼るぜい!


sirasa.jpg 
※敢えてココに行く価値があるか、等は聞かないで下さいw




テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [南会津] | トラックバック(0)2018/10/14(日)20:49

これは辛い ①甲子林道

予定通り、連休に再度福島行っちゃいました。主な目的は「前回スルーした甲子林道登るゾ」、ついでに何か収穫あれば…
ただ結果から言うと、二日目に超ありえないトラブル発生で、ついでの収穫ってのは無かったんですけどね。これについては②で書きますので夜露死苦!


IMG_20181007_091517.jpg 
現地到着でライダーと遭遇、という事ではなく前回パーティーを組んだMさんと待ち合わせ。
甲子に突入するかの話し合いをした時に、表情に出さない闘志と興味を私は見逃さなかった。
そして今回誘いを入れたら食いついてきた付き合ってやるよということで、二人でアタックという事になりました。


IMG_20181007_105715.jpg 
画像はいきなり分岐地点到着。ただココに来る前に旧西部走ってます。Mさんの車が旧西部起点に止まってたので、こりゃウオーミングアップに丁度いいわと突入するも…台風を経て前回とは変わった厳しい路面に悶絶し派手に転倒。イテテな状態でのスタートですw


IMG_20181007_112023.jpg 
誰だ?こんな綺麗にガレ場作ったのは!
と言いたくなるような路面。序盤はこんな感じでしたかね。


IMG_20181007_115540.jpg 
直線基調で先までガレが見える、これは「やってやるぜ!」という気持ちを生じさせる事は全くありませんね。
むしろ逆でしょう、普通は。
大弛峠の頂上手前みたいなものとは違います。延々です。




enct.jpg
前回の流れからするとコレか?



IMG_20181007_120545.jpg
眺望ポイント広場にて休憩。まぁこの辺りまでは厳し目のピクニックムードでしたが…
「この広場を境界として普通の道になったら…」なんて甘い事を考えたりしてw


IMG_20181007_122222.jpg 
IMG_20181007_125641.jpg 
実際、そのような甘いことはなく険しさが続く。
そして重大アクシデント発生!
ステップのボルトが…落ちて行方不明に。あり得ねーw
これ以降、悶絶走行レベルが急上昇。普段は当然にあるものが無いというのはとても厳しいものですねー。


IMG_20181007_131511.jpg 
途中、放棄したと思われる車両が道を塞ぐ。事情は分からんけど、端に寄せてから放棄してくれいw
まぁ、端といえる場所自体それほど無いんですが。


IMG_20181007_131741.jpg 
この窪みなんかは、画像で見るより厳しいです。こんなのばっかりです。
ただ、自分はこの辺りではステップ問題で己に向き合っていた部分が大きく、あまり意識が路面に行ってなかった様な気が。
それはむしろ良かった事なのかも?


IMG_20181007_142156.jpg 
ガレ道のクライマックスに近いポイント。何らかの選手がトレーニングするにはイイ場所なのかも知れませんが。



cl.jpg
まぁ、やられ気味でしたけどね






IMG_20181007_143750.jpg 
IMG_20181007_144859.jpg 
後は普通のダート道。但し油断できない箇所もあり、ヘラヘラしながらウイニングランとかしてはダメ絶対!


IMG_20181007_145944.jpg 
そしてついにゴール地点。感動のバンザイ・抱擁などはなく、HPの無さをぼやく程度でw
しかしやりきった達成感は確実にありましたね。

この後、Mさんの車にボルトあるということで、戻ってステップ回復。神対応に感謝感激、後光が射すとはこの事だな…なんて思いつつ拝みながらの解散となりました。

ちなみにこの甲子林道、単独ではキツイ部分があると思いますので、一人でやる人は相当気合入れていく必要があると思いますよ。




テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [南会津] | トラックバック(0)2018/10/09(火)19:39

ピリ辛福島 ④そして激辛へ…

七ヶ岳林道走れば古桧峠線にイクのは当然。

furumap.jpg 
地図で見ると面白そうではあるけど…実際は微妙だったという。


P9171869.jpg 
P9171871.jpg 
P9171879.jpg 
(上)国289沿い起点ポイント
(中)前半は重機の轍路線でかなりイマイチ
(下)後半はこれといった特徴の無い普通林間

もちろん接続している二本も走ってみる


【小桧山線】
P9171873.jpg 
P9171875.jpg 
小桧山線は本線よりも支線(画像の左)に多少の面白さがあり。中盤からの藪ジャングルはピリッとした刺激。



【久戸沢線】
P9171876.jpg 
P9171877.jpg 
久戸沢線はかなり荒れている完全舗装。ついうっかり完走してしまい時間を無駄にしてしまいましたね。
これをチンタラ下って、再び小桧山線で戻ってくるという「何やってんだ俺」状態にw


そして最後、確実に辛いであろう場所へ向かう。


P9171882.jpg 
ここは地元民秘密の某沼、というわけではなく普通に「鴨沼」。地元民にも無視されるほどの存在。
実際、地元民との会話でも通じませんでしたね。


向かうのは簑沢林道。道標等が確認できなかったのでどこから簑沢なのか不明。


P9171883.jpg 
まずは倒木バリケードの出迎え。見た目は芸術性高いですが、いやらしい高さで若干の肉体労働。


P9171884.jpg 
P9171886.jpg 
小川風味なガレ道で辛さを味わう。但し、楽しめる区間は長くないんですよね…


P9171888.jpg 
途中から、源流状態でバイクでどうのこうのというレベルではなくなる。もう道とは言えないですねコレは。
思わず呟きました、「私は鮭になりたい」と。
いや鮭でも厳しいでしょう、多分。

ぶっちゃけ、こういう状態であることは予め他人様情報で知ってたんですよね。
ここは上りは不可能で「アタック=下り」であり、その下りも前転しながらでマシンも体も無事では済まないとか…まさに激辛

つまり、下から入った自分は最初から走破するつもりなど無かったんですね~。何せピリ辛で十分満腹ですから。


ちなみに画像ではサイドを渡っていけそうな雰囲気が出てますが

P9171889.jpg 
落ちてしまってる箇所や、足の幅くらい細い場所もあり、厳しすぎ。更に現在進行形でサイドを侵食している模様。
これ右は崖なんですが、最後どうなってしまうのか興味深々。


てな感じで簑沢見学ツアーを終えた後は、前日スルーした甲子林道へ向かう予定でしたが、そもそもココからは結構距離あるし時間的に微妙な状況だったので…今回はやめときました。
日没ギリギリとか好きなんですけどね、10月某日に再度乗込む事が決まっていたので「その時行けばいいや」くらいの気持ちでアッサリ諦め。

次回行く時は台風の影響で良くない状態になってるんじゃないかとワクテカしてますw

ほんと台風24号はヤバかったですね。








dq3.jpg
簑沢単独走破は伝説確定だと思われ






テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [南会津] | トラックバック(0)2018/10/03(水)15:00

ピリ辛福島 ③朝食は「諸刃の剣」

二日目は高杖近辺スタートだったんですが、のんびり宿の朝食を頂いていたら出発遅れてしまいましたね。
本当は素泊まりが良かったんですが、宿泊プランに素泊まりが無くて…
まぁ早い時間に変更は出来るし、実際一時間早めたんですが、老夫婦で営む宿ではさすがに三時間早めにとか言えなくて困ったw
ちなみに朝食は甘くも辛くもない、とても美味しいものでしたが。

とりあえずは中山林道(舗装)の途中で見つけた道へ突入。

P9171850.jpg 
P9171851.jpg 
P9171854.jpg 
P9171857.jpg 
峠の沢線という、かなり汎用性の高い?名称である林道。路面は面白さがあるも、距離が短く最後は期待の持てないムード漂う獣道。

戻って途中の分岐に向かう。


P9171859.jpg 
P9171862.jpg 
nakayaman.jpg 
手取線は7割舗装で面白さは全く無し。だだ、中山林道西側は大規模崩落しているので迂回には使えますね。

そしてそのまま七ヶ岳林道南側方面へ向かうも…


P9171863.jpg 
P9171864.jpg 
舗装路なのにメチャクチャ状態(上)。普通に走ったのでは厳しいものがありますね。
そして短時間でスムーズに移動する計画が破綻して、のんびり朝食を後悔w



P9171866.jpg 
P9171865.jpg 
P9171867.jpg 
七ヶ岳林道は、林道の教科書があるなら記載は確実な良好路線。
自分は遅れを取り戻す事だけを考えて走っちゃいましたが。




moroha.jpg
みつけたというか…








テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [南会津] | トラックバック(0)2018/10/01(月)05:28

«  | HOME |  »


プロフィール

yamasang

Author:yamasang
無断リンク大歓迎

検索フォーム

Garmin eTrex 20x

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR