FC2ブログ

長谷高遠線の件 【伊那っていいな⑥】

四徳東線を走った後は、適当にブラブラ走行しまして・・・
そのブラブラの内容は書く価値ないと思われるので省略しますw

んで、最後に長谷高遠線がどうなったかを確認しに行く事に。

P7160548.jpg
分杭峠側から行きますよ。ここから白山トンネルまで一気に・・・?
そういう妄想を約二ヶ月(前回の記事は→コチラ)。
妄想とは増幅しがちですが、実際膨れあがってましたね、ハイ。

P7160549.jpg
かつての工事現場基地には何も無い。スケジュール通り、6月30日で終了した模様。
期待感高まる。

P7160550.jpg
その先には、真新しい橋そしてピカピカのガードレールが!
ちなみにこの橋の上からの景色は最高っスw
というか気分自体が最高ですからね。この先、新しい林道を進んでいくわけですから。

P7160552.jpg
ブラインドコーナーを抜けると・・・ん?
なんだコレ、道が無いけどw
夢や幻でも見ているのでしょうか、試しにほっぺたをつねってみました。痛いww
状況がイマイチなので逆を見にいくことに。
というかこの時点で白山トンネル妄想は残念になりました。

P7160554.jpg
長谷高遠線北エリア南端到着。こちらは工事してますな・・・
この時点で何となく事情が見えてきた様な。

P7160555.jpg
んで作業はしてないので進み、最後の部分を確認。当然こうなってるんですが、この斜面の向こうに南側の残念地点があるのか・・・?


P7160556.jpg
反対斜面が見える場所から探してみるが「道は来てない」。そして、あと少しというレベルではない様だ。
というか、こういう事は前回やっておくべきだったんですがw
いつもの、日没迫る・時間ない事情でココに来てないんですよねぇ。

P7160558.jpg
これによれば、平成32年まで工事???
まぁ、普通にありえますよ。反対側全然見えませんからね。
それどころかあと三年以内に繋がるのか怪しいくらいで。

P7160559.jpg
P7160560.jpg
今やってるのは残土処理場造成。林道掘った分をココに持ってきて埋めるという事でしょうか?
専門家なのでわかりませんが。
とりあえず、先は長いという事だけは素人でもわかる状況。
最短で平成32年・・・オッサン、その時生きているでしょうか?多分生きてるでしょう。
じゃあその時もバイクでハッスルしてるでしょうか?多分してますねw

てなわけで「また来よう」という結論が出ました、めでたしめでたし。
というか平成32年どころか来年あたりに何らかの理由見つけて来るんじゃないでしょうかね、多分w

P7160561.jpg
美和湖を眺め、傷心を癒すオッサン。
というわけではありません。ダムにも味わいがあるらしい(ダムマニア情報)ということで眺めてみるも理解には至らず。

nazomiwa.jpg
P7160562_201707300627097e7.jpg
さて帰ろうかなと思っていたところ・・・なんと謎のダート発見!
県道211号から山室川沿いに入り、釣堀の奥を進むとそれがあった。

P7160563_20170730062710252.jpg
P7160564_201707300627125fe.jpg
雰囲気良し、眺望良し、疲れた体に優しい路面。ここは今回のベストコースに認定しました(マジw)。
名称不明で距離は短いですけどね、ラストに残念感を払拭できましたよ。

そしてこう思ったのです
「伊那っていいな」とw



スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [伊那周辺] | トラックバック(0)2017/07/30(日)05:15

四徳東線 【伊那っていいな⑤】

犬田切林道に関するモヤモヤが晴れて、次のモヤモヤ地点へ向かう。
二日目はモヤモヤ関連中心のプランなのですw

P7160540.jpg
次の目的地は・・・四徳東線、場所的にはそこそこ離れてる感じです。
なぜ四徳東線か?それは前回来た時に、陣馬形林道走行後「四徳治山運搬道」に吸い込まれてしまって段取がプチ崩壊、結果走行できなくなったからであります。(記事は→ココ

sitokue.jpg
P7160541.jpg
県道210号四徳キャンプ場の南、数百メートル地点。道標が目立つので絶対分かる。
んでここから入り、ぐるりと周って北側に。
※地図では切れてますけど、繋がってます。

P7160542.jpg
全般的にチョイ荒れ気味で、奥地(東方面)は落ち葉だらけ。ただ、少しは誰かが遊びに来ているみたいで、バイクの轍がうっすら・・・
秘境感があり、標高もそこそこなのでクマ対策は必須だとおもわれ。
もちろん自分はここでもパンパン銭形状態でしたよw

P7160544.jpg
全長7km、特に問題なく北側に抜けました。少しググってみたら派手な倒木で引き返したというブログがありましたが、今現在はそのような難所はありませんので肉体労働等は不要です。
更にググったら、誰かが走ってる動画がありましたので参考にどうぞ。


結構な勢いで走ってるように見えます、15分で一周・・・
これを基準タイムにして、みんなで隠れタイムアタック大会でもしましょうか?
いや、止めましょうw
マジな話、一箇所だけ焦るトコあります。直角的ブラインドコーナーの先に、何故か砂場みたいな路面がありズルッとw
落ちたら・・・です。
正直、バナナの皮とか落とし穴とか、そういうレベルの人為的悪戯なんじゃねーか???
とその時は思いましたけどね。それは単なる気のせいで、まさに大自然の脅威ってやつでしょう。

山をナメてはいけない、これ基本ですなw


⑥へ続く



テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [伊那周辺] | トラックバック(0)2017/07/25(火)14:41

藤沢線・小三沢線 【伊那っていいな④】

伊那のビジネスホテルで一泊(4000円)。
朝食バイキングで食べ過ぎて動きが鈍くなってしまいましたw
まぁバイキング開始の時間まで滞在するというのは、それほどプランに厳しさは無いという事なので、食後の一服タイムもマッタリとしたものでした。

最初にやるべきこと、それは
「前回、犬田切川線に行って行き止まりを確認したが、後で地理院地図見たら道路として繋がってるけど?」※記事は→ココ
この点が気になるので逆側見てみよう、という企画です。

okkosi.jpg
別にミス?をネチネチ責め立てるつもりはありませんけど、そう表記させた「何か」がそこにあるんじゃないかと。例えばガンガン工事しまくりとか。
んで、見に行く手段としての藤沢林道もネタになる、とw

P7160518.jpg
P7160521.jpg
藤沢線とは・・・藤沢川沿いの林道であーる。以上w
しばらくは舗装路で、ダート開始でいきなりガレまくる。

P7160523.jpg
あまりの荒れたガレ具合に、食べ過ぎた朝食の具をリリースしそうになるも頑張って進む。
しかし・・・このような障害、というかバリケード化した状況にアレコレ悩まず即撤退w
ここまでハッキリとした拒絶だとある意味助かりますね。ネタとしてはイマイチでしたが。

というわけで、南から宮田高原経由で行くことにする。

P7160524.jpg
林道寺沢線という名称が付いている完全舗装路を登る。
ただ、景色は良いし涼しいし、舗装路でもそれなりに楽しいものがありました。

P7160525.jpg
P7160527.jpg
(上)宮田高原到着。客もそこそこいるし、観光地として普通に機能してます。
(下)バイクでサクッと確認しに行くことは出来ない様で、徒歩調査決定!

P7160528.jpg
P7160529.jpg
途中、大規模な落石箇所もありましたが、徒歩だと悩むこと無し。
そして歩くこと30分・・・どう考えても歩きすぎなんですが、とりあえずどこかに出た。

aruite.jpg
P7160530.jpg
歩き過ぎてしまいました。印刷版の地図持ってたんですけどね。
どうやら、ハイキングや登山のセンスは皆無みたいですww
というか、何も見当たらなかったんですけど!センス無くても、何かが見つかればここまで来なかったと思われ。

とりあえず汗だくなので、とても綺麗な川で水浴びしようと思いましたが・・・
公然わいせつでタイホされるので止めましたw
誰も居ない感じですけどね、万が一という事も。

んで、よーく見ながら戻ることにする。いや、来る時もよく見たんだけどw

hakken.jpg
P7160533.jpg
ようやく見つけた道のようなもの。その上にある木の枝にはテープが・・・
おそらくココなんじゃないですか?接続地点は。
もちろん、工事なんかしてませんよ。テープの向こう側は急斜面だし、草ボーボーで徒歩道としても微妙な。

てな感じで調査は終了となりました。道路ないです、工事も。

そうですねぇ・・・地理院の人間に「この給料泥棒が!」と。
そんなこと言うつもりは全くありません。誰にでもミスはありますからねw

帰りは寺沢線の途中に接続していた小三沢線で下山。

komisaw.jpg
P7160536.jpg
一応、変なロープで何かをアピールしています。
それをどう解釈するかは、あなた次第。ンな事は今さらですけどねw

P7160537.jpg
P7160538.jpg
とても感じの良いダートコース6.5kmを満喫。ありがとうございましたw


⑤へ続く


テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [伊那周辺] | トラックバック(0)2017/07/23(日)01:39

非持溝口線・大沢線 【伊那っていいな③】

強引な走破で気を良くし「次行ってみようかw」
みたいな感じではなく、時間気にしまくりで焦り気味。
そもそも大沢線については名称謎の状態で向かったので、どれだけ時間かかりそうか見当が・・・
予め名称が分かっていない場合、調べるモチベーションが上がらないんですよね。

少し焦ってる状態だけど、非持溝口線を使って向かうことにする。ここは楽そうなので。

hiji.jpg
P7150499.jpg
県道211号長谷非持地区の雑草で分かりづらい場所(地図のA地点)を入る。

P7150501.jpg
すると、地図通りのT字路が。左は駒形線という舗装林道なので右へ。
ちなみに両サイド獣ゲートあります。

P7150502.jpg
路面はとてもイージーだし、あまり書くことがないですねw
とりあえずサイドの獣防止フェンスが・・・今、自分は動物園の檻の中に居るような状況なんだなと気づかせてくれます。
そして更に気づいた事は、自分は何かと熊を連想してしまうほどの後遺症を患ってるなとww

hijiexi.jpg
P7150506.jpg
何も問題なくダート7kmが終了、舗装路に出る。この道は鹿嶺高原へと向かう道。
少し進めば・・・大沢線起点。

osawa11.jpg
プランは、鹿嶺高原へA→B南ルートで登るという、なかなかのワクテカ感のある・・・?

P7150507.jpg
P7150508.jpg
(上)大沢線の起点を見落とすことは絶対にないでしょう。目立ってます。
(下)中盤までは何とか飛ばせる路面状況で、ここぞとばかりにw

しかしながら、等高線と平行に走っているエリアが終わると・・・

P7150510.jpg
急におかしくなる。おかしいけど、終わってはいないので、進む。
まぁ、最終ダメっぽい雰囲気は出てましたけどね。

P7150511.jpg
何かバキバキと踏んだ感触があり、見てみると・・・ウギャー!程度のよい屍ww
そしてまた連想してしまいました。
「熊にやられたら自分もこうなるんだろうな」とw

P7150512.jpg
状況は悪化の一途。斜面なのか道なのか分からない場所もあり、落ちそうで危ないっす。
正直、行かない方がいいと思いますよ。自分も二度と行かないと思われw

P7150513.jpg
期待はしてないし、危ないんだけど進んでしまうのは、100%絶望的な状況が現れないからなんですけど・・・
ついに現れました、厳しいところが。納得の撤退です!
ちなみにこの頃はホント獣臭がすごくて、例の対策グッズをパンパン鳴らしてましたね。
「まてーい! ルパ~ン!!」気分は銭形警部ですよw

※対策グッズについては→コチラ

P7150509.jpg
撤退はしたけれども、まだ可能性が無くなったわけではない!
実は途中に分岐があったという・・・
地図に載ってないものに時間は使えない、という事で先程はスルーしました。

これが危険箇所をうまい具合に回避した上で本線に再接続するという奇跡を!
まぁそんな都合のいい奇跡はありえないんですがw
少し時間が余ったので入ってみる。

P7150514.jpg
荒れた作業道をイメージしていましたが、実際は本線よりヌルイ感じで最後は・・・
ありゃ、どっかに出ちゃいました。

nazob.jpg
こういう事だったのです、出たのはz地点。誰かが道作って繋げたんですね。
ありがとう、どっかのオヤヂw

とりあえず本来目的B地点を見に行ってみる事に。

P7150515.jpg
チェーンゲートですけど、バイクには厳しい仕様となってます。
越えられず、潜れず、サイドは鉄壁。引きずるしかないか・・・
今回は、撤退して良かったんじゃないでしょうかね。登ってきて最後にこれでは、ブログ的には面白いでしょうけど現実は涙目必至w
何事もないってのが一番いいですよ、ほんと。
熊とか最悪ですよ。

P7150517.jpg
無事、日没前に下山できたとさ。めでたしめでたし。
ちなみにこの日の夕食は「すき屋のカレー」でした(画像はありませんw)。



に続く





テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [伊那周辺] | トラックバック(0)2017/07/21(金)18:49

半対林道 【伊那っていいな②】

高嶺線で準備運動を済ませ・・・目指すは半対林道。

t1.png
県道211号と黒河内林道に挟まれたエリアに存在。ツーリングマップルでは微妙にゲートが記載されてるトコですね。
とりあえず半対峠を登り・・・戻りは南の作業道から宮沢地区へ抜けるという試み。
結果から言うと、試みではなく冒険、いや肉体労働となりましたがw

P7150481.jpg
P7150482.jpg
(上)県道211号中屋バス停から北200m先を入り少し進むと
(下)半対線の起点が現れる

t2.jpg
P7150483.jpg
最初の分岐、本線は右ですぐ先にチェーンゲートあり。
左は作業道で地図によれば北に相当先まで伸びている模様。少し走ってみるが、特に荒れているという感じでもなく、どんどん進んでしまいそうなので引き返す。
プランの関係上、そこを最後まで行く時間は取れないという悲しい事情がw

t3.jpg
P7150484.jpg
んで本線を進み、地図通りのつづら折れで高度上昇中。路面の状態は悪くない感じ。
分かりづらいですが、上から下を撮影してますw

htzv.jpg
P7150489_20170718141720d77.jpg
重要度の高い分岐。左が本線だと思われる。
なぜならば、半対峠に向かわなければ半対林道にならないからw
まぁ実際左の方が若干本線の雰囲気ありますよ。
ただ、最速で南の宮沢地区に抜けたいのなら、迷わず右ですが。

P7150485.jpg
P7150488.jpg
(上)かっ飛ばし中にいきなり丸太が現れ、焦る。誰かの悪戯的配置w
(下)ボロ小屋。少し覗く程度の調査。なぜなら熊が怖いのでww

P7150486.jpg
結局、峠を意識することも無く行き止まりに。峠のオブジェ、見晴台などは無いと思われる。
もしかしたら見落としてるかもしれないけど、とりあえず峠は越えたという事でw
南エリアへ向かう。

P7150492.jpg
南側は南向き斜面で日当たり良好、緑道がメインとなる。
但し、絨毯のような優しさはなく、見えない石に警戒しながら進む。

marutan.jpg
P7150494.jpg
そして、もうすぐ終わりだなと油断していたら・・・出ました、最大の難所「極太丸太」ですよw
右傾斜の道に、谷側に向かって倒れてます。根はまだ山側にへばりついていて、投げられません。
というかそもそも30m急の巨木なので力では無理。切るのは携帯ノコギリでは厳しい。
んで崖ギリギリのところに石が積んでありますが、これをあてにして越えようとすると、どこかが木に触れた瞬間に滑り台状態で谷にw
ベースの道が右傾斜というのがイヤラシすぎる・・・

P7150495.jpg
アレコレ考えず、行きましたw
別にコケたわけでなく、引きずり作戦です。アンダーガードの端を食い込ませて滑らせるイメージで。
正直、この時自分の中の変態性が爆発したような気がしましたww
ピキっとくる筋肉そして関節に悦びすら・・・なわけねーよw
引き返す時間がもったいないな、と。

ちなみにココの100m先にも障害あり、です。オッサン、息が上がりまくり状態で撮影するのを忘れてしまいましたが「上から崩れてきた土砂盛り」を乗ったまま越えなければならないのです。
人によって判断が分かれるかもしれないので、丸太を行く前に予め確認するのがいいんじゃないかなと。

ただ、自分としては丸太の方が厳しいポイントだと思いますよ。
アレを誰かがチェーンソー(or本格ノコギリ)で切ってくれれば・・・この林道は流行る予感ありです。
本当は来週あたり切りに行きたいんですけどね、埼玉から二週連続は無理ですw

P7150496.jpg
そしてゴールへ・・・
ゲートというか柵は一瞬焦りますが、明らかに獣向けですからね。鍵などはありえません。

てな感じで、強引に走破してしまいましたw
但し、代償として支払ったHPは小さくはなかったですが。


へ続く

テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [伊那周辺] | トラックバック(0)2017/07/18(火)15:01

町道高嶺線 【伊那っていいな①】

GWに続き、連休利用でまた伊那近辺行っちゃいました。
そもそも前回終了時点で即宿屋予約してたんでw
その理由はコレですね↓

P5040214.jpg
長谷高遠線の工事が6/30で終わるという事で、じゃあ7月に来ようじゃないかと。
※記事は→ココ
んで工事が終わってどうなったかという話はこの遠征日記の最後の方(おそらく⑦くらいかなw)に書きますけど、ざっくりいうと「残念」でしたww
まぁ、それ以外の部分で結構収穫あったので・・・

とりあえず時系列でいきます。
諏訪南IC→町道高嶺線 で南方面へ向かうことに。

P7150474.jpg
ツーリングマップルによれば「新緑や紅葉の季節は最高」との事。
じゃあ今から最高ってやつを味わおうじゃないかw

P7150476.jpg
P7150477.jpg
まぁ確かに最高の部類か。北側は路面も荒れてるとこには砂利撒いた跡があるし、走りやすいと思いますよ。
これは人気あるでしょうね。ライダーも結構出没しましたよ。
ブラインドなトコでは対向車にビビリつつな感じで。

P7150478.jpg
ただ、本来眺望がいいはずの場所がボーボーの新緑によりギリギリ拝めないというw
そういう部分では秋の方が最高かも。

P7150479.jpg
後半(南側)はやや荒れ気味で、流水溝などが。
全体で見れば最高じゃねーよなww
とTマップルにイチャモンつけたくはなりますが、自分だったら
「メリハリあるしウォーミングアップには最高」と書きますねw


へ続く






テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [伊那周辺] | トラックバック(0)2017/07/17(月)17:17

林道での熊対策

先日、林道で熊に遭遇し、かなりショックを受け悩みました。
そして考え抜いた末・・・コレに決めましたw

P7130473.jpg
BIG-BANG-R3 そしてカネキャップ!
熊撃退スプレーは一万円コースですが、これなら1000円以下です。某amazonで入手。
レビューにも意外と獣対策で使ってます的なコメントがあり、真似しようとw
万が一、このBIG-BANG-R3でもダメな場合は携帯ノコギリでやるしかないでしょう、勝てる気はしないですが。

ただ、熊によるピンチよりも・・・現実はもっと基本の部分で問題が起きる確率が高いと思うのです。
ここで一つ、戒め風味な動画なんてどうでしょうか?



結構おもしろい勉強になる動画ですよね、ソロ派には。



テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
熊対策リーサルウェポン | トラックバック(0)2017/07/13(木)14:39

栗原川林道「の周辺林道」を・・・⑧ こもぎ林道[後編]

「利根地区からミリオン牧場へのルートはバイクで走破可能か」の続き

mapmi.png
というわけで、ミリオン牧場側に向かい、コムギ峠越えルートで・・・
アクセス方法はとても簡単、でも一応w

P7080458.jpg
P7080459.jpg
(上)穴原地区のココを右折
(下)そのまま進むとダートに変わる目立つ道が。

コムギ峠林道と呼ぶ人もいるみたいですが、正しい名称が何なのかは不明、興味もそれほどw

P7080460.jpg
P7080461.jpg
(上)序盤から期待もてない感が半端ない
(下)自然に帰ろうとしているんじゃないですかね。もちろん走りにくいですよw

帰ってからググったんですけど、どうやら廃道寸前扱いされてるみたいですね。
実際、道の真ん中に太い木が生えていたりで・・・私もそういう扱いでいこうと決めましたw
ちなみに、この廃道モドキの(一応)名所とされている切り通し型の峠画像はありません。
「何か走りにくい変な坂だなぁ」と普通に通過してしまいましたww

P7080462.jpg
んで、ココが断念して撤退を決めた場所なんですが・・・うまく撮れてないですね。
向こうに続いてはいるんですが、崩れて微妙な。
10年20年経過してると思われ。パッと見、周囲と同化して違和感が無いという。
正直、絶望レベルではないと思いましたが、時既に夕刻という事もありアタックは潔く断念。
複数人で行けば色々と力を合わせて比較的楽にクリア可能かも?

とりあえず単独バイクでは困難という今回の企画の結論が出てしまいましたww
残念!帰宅しましょうか。

しかし、帰宅はしません。なぜなら潔く撤退した「裏の理由」がありまして・・・

P7080465.jpg
峠を過ぎた少し先に、このような広場っぽいトコがあり、ルート的には画像右側から左側に抜けるだけの場所なんですが・・・
向こう(奥)の方に景色の違和感が。

P7080464.jpg
何と!どこかの林道?が20m手前まで来ているではないか。しかも現在進行形な工事を感じさせる三角形の変な測量アイテム?
これは気になる・・・というかこちらの方が気になって、廃道モドキの潔い撤退が決まった様なw
とは言え、繋がってはいないので突破の可能性を探らなくては。

P7080463.jpg
歩いて調査してみる。そこそこの高低差ある崖を下るという決してイージーではない・・・
そして一度下ったら登るのは難しいので一方通行にはなるが、工事の状況からすれば登って戻るハマリ局面はありえないのでその点は安心。

P7080466.jpg
結局、サイドを利用しての下りに決定。
そりゃ崖の上からジャンプして着地キメれば、オフロード雑誌の表紙のようなカッコよさがあるし、モテモテなんでしょうけどね。
そんな超絶テクなど私にはありませんw

P7080468.jpg
P7080469.jpg
トラブルなく下ることに成功、進むと重機発見。作業中だったら気まずいところでしたが、無人で問題なし。

P7080472.jpg
そしてさらに進むと・・・ん?なんか見たことある場所だなw
あ、こもぎ林道の支線じゃないか。んで工事オヤヂがバッテンジェスチャーくれたよね。

あのクソオヤヂ・・・嘘ついたなww

とは思いませんでしたよ。だってあそこは登り難しいと思うんで。
まぁ、冒険好きな自分がオヤヂの立場だったら「うーん、厳しいと思うよ」とアドバイスして通してあげますけどね。
あのオヤヂにそこまで求めるのは酷でしょう。

ここでオヤヂと遭遇すれば面白かったんですが、もう撤収したみたいで会えず。
んでじっくり現場を調査し情報を入手w

P7080470.jpg
12月20日には接続完了ということでしょうかね。
まぁここら辺は雪ありますから貫抜コースを楽しめるのは来シーズンか・・・

繋がる効果であの廃道モドキも多少まともになれば、という期待もあり。
やはり全てを走ってみたいという気持ちはありますからね。

頼んだぞ、オヤヂw








>>続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [栗原川林道周辺] | トラックバック(0)2017/07/12(水)16:01

栗原川林道「の周辺林道」を・・・⑦ こもぎ林道[前編]



屍の検証を終えて、県道62号を北上。本日のメイン・エベントである、
「利根地区からミリオン牧場へのルートはバイクで走破可能か」
の調査を開始。

地理院地図によれば・・・

mapmi.png
道自体は存在してる事になっているが現実はどうなのか、の確認ですね。

P7080431.jpg
P7080433.jpg
(上)利根地区の橋の上から撮影。直進は皇海山方面、ここは左折して川沿いを進むと
(下)その道が「こもぎ林道」となる

P7080435.jpg
1km地点分岐。右が本線、左が「小捨沢支線」。
工事中という看板が怪しいので、支線に向かうことに。

P7080436.jpg
P7080437.jpg
結論から言うと、本線よりも良い路面状況でかっ飛ばせますw
んで、工事現場に到着。本日は作業日みたいで・・・人が。
ただ、ここまでゲートや通行止め看板などは無かったので後ろめたさはゼロですw
なので積極的に「この先って行けますか?」と質問攻撃を仕掛ける。
すると現場のオヤヂは、腕でバッテンのジェスチャー。

「おいオヤヂ!嘘つくなよw」
という気持ちが生じる事もなく、素直に撤退。

P7080438.jpg
支線の現場付近はこの林道(本線含む)で唯一眺望が得られる場所ではあるんですが、遠くの景色を手前の禿げまくりな斜面がダメにしているという残念感が。

P7080451.jpg
本線に戻る。こちらはチョイ荒れでカーブ多数、豪快に滑らせて遊びたい人に向いてますね。

P7080439.jpg
P7080440.jpg
とりあえず小さな分岐は無視し、ひたすら直進すると「開けたら閉めとけ」ゲートが。
そしてその先には・・・なんだこれ、リアル尾根?確かに道らしきものはあるが登山道状態。
遠くを見る限り、熊が好みそうな茂みに吸い込まれてる様なw
とりあえず、この時点では「スルーしてきた分岐の先を見ておこう、そっちにマトモな道があるかも」と思い引き返す。

P7080442.jpg
P7080444.jpg
このエリアに関しては地理院が長期間サボってるみたいで、地図に載ってない枝道が・・・
その全てを入念に調査。

P7080446.jpg
P7080449.jpg
しかしながら、その全てが残念そして期待がもてない感じ(画像はその一部)。
結果として「可能性があるとするなら、やはりあの最初の尾根道・・・」
という事になりましたが、同時に

このクソ暑い炎天下、尾根を行くのか?そんなに水持ってないだろ?
草ボーボーで消失寸前の登山道モドキを単独バイクで?
そんなのギャンブルじゃないか?とりあえず反対側(ミリオン牧場側)を見にいこうよ。

との声が。幻聴でしょうかね?
そして少し考え・・・

「OK、そうしようw」

納得の(一時???)撤退となりました。



⑧へ続く



テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [栗原川林道周辺] | トラックバック(0)2017/07/10(月)17:07

栗原川林道「の周辺林道」を・・・⑥ 梨木楡沢林道

インナーマッスルのダメージも回復し、天気のタイミングもバッチリ合ったので・・・
またまた栗原川「の周辺」へ。
最近、この辺りにはまってます。というか一番手頃なんですよね、旅気分を満喫するのに。

まずは梨木楡沢林道を目指す。

P7080414.jpg
国道122号下田沢から県道62号に入り、さらに70号へ。
少し進むと右手に巨大ソーラー地帯。その数百メートル先に・・・

P7080415.jpg
梨木楡沢林道への侵入、いや進入口が。目印は「ラリー走行を禁止」の看板w
ちなみに私が行うのは調査走行であって、なんら問題はありません。

P7080416.jpg
四輪のアクセス多数?で結構深い轍で走りにくいですよ。
まさかこれがラリー走行による・・・???
ただ、チョイ先の広場というか駐車場っぽいとこまでの悪路ですけどね。

P7080417.jpg
P7080418.jpg
広場の先に空中倒木、これが良いバリケードになっているのかどうかは分からないですけど、その先のコンディションはGOODです。
その先の錆び付いたゲートもオープン・ウエルカム状態。
※私が開けたのではありませんw

P7080420.jpg
釜ヶ沢林道分岐地点。時間と気力がある人は行ってみるのもいいかも。
ただし、あまりいい事はありません。
by 時間と気力があった者

P7080424.jpg
途中1km程度の舗装区間はあるんですが、締まった高速フラットダートが快適ですね。
対向車が来そうな雰囲気も単なる気のせいで、実際はかなり過疎っていて誰もいません。
ツーリングマップルに掲載してもいいんじゃないかと思うくらいの・・・

ちなみに、この林道で人生初の熊出没イベントが発生しましたw
正直かなり焦り、ショックを受けました。バイクに乗った状態で熊が現れた場合どうすべきか?
実はそういう事、全く考えてなかったww
ただ、今回は向こうがビビッて逃げる姿を確認する感じだったので問題は起きなかったんですけどね。
もし対峙するような状況だったらどうすべきか、まだ答えは見つかっていません。

P7080426.jpg
P7080427.jpg
過疎ってるのは当然で、最後は遮断機ゲートです。反対側はウエルカムですがこちらは堅い状態。
これではツーリングマップルには掲載できませんねw
ただ、脇はそこそこ甘いですよ。
場所は花見ヶ原キャンプ場へ向かう道の途中。

起点、終点両方わかりやすい、全長11kmのオススメ林道です。
熊対策は忘れずにw

P7080428.jpg
とここで、なにやら怪しげなものを発見。
返事がない、ただのしかばねのようだ。とりあえず現場検証を・・・

P7080429.jpg
周囲に各部位が散らかってました。おそらく獣の仕業でしょうが、いくら探しても頭部は見つかりませんでした。
 


テーマ:オフロードバイク関連│ジャンル:車・バイク
林道 [栗原川林道周辺] | トラックバック(0)2017/07/09(日)11:49

«  | HOME |  »


プロフィール

yamasang

Author:yamasang
無断リンク大歓迎

検索フォーム

Garmin eTrex 20x

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR