FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

林道もみの木平線・大札林道 【2017静岡遠征⑤】

南赤石林道ですが、一昔前はダートだったらしいけど今現在は登山口まで舗装で、大変つまらないので書くことはありませんw
ただ、舗装道ではありますが落石等で荒れているのが理由で?
3/19時点、国道近くでコレ↓です。

P3190114.jpg
まぁ、サイドはそこそこ甘いんで、250ccのオフ車なら・・・って感じです。
というか、麓でコレなんで標高の高いエリアには人いませんw
登山客もいません。誰にも遭遇しませんでしたよ。
つまり・・・大自然独り占めというラッキーディ!たまらんww

P3190098.jpg
そのたまらん変態快感状態で退去したわけではなく、南赤石林道の中間あたりにある「もみの木平線」へGO!ですよ。
妄想ではここから大札林道に繋いで・・・です。
繋いでどうするかは後ほど書きますw

P3190099.jpg
もみの木平線は特に荒れているわけでもないんですが、一箇所だけ「上から崩れてきたけどモトクロスのジャンプ台みたいに整えました」みたいな場所があります。ジャンプ好きな人は試してみるのもイイんじゃないですかねw

P3190101.jpg
難なく大札林道に到着。んで妄想プランは左に曲がり(=大札林道を進み)・・・
地図上では切れているけど実は藤川林道に接続しているという、かなり前に入手した怪しげな情報に賭けてやるぜ。
というテキトー度が高いモノですw
ちなみにこの地点での左右の状態は↓

P3190103.jpg
P3190104.jpg
両方、通行止めなんですよね・・・
つまり何かしらあるという事。いやな予感がビシビシとww
左は楽勝オブジェ、右は簡単そうに見えるけど斜面に刺さるパイプ防御システム。
とりあえず目指すは左なのでオブジェをスルーして突撃。

P3190105.jpg
数百メートル進んだところでこんな事になってますww
しかし!倒れ方が素晴らしく「ライダーよ、この隙間を進みなさい」との声か?
※幻聴ではありませんw

P3190106.jpg
隙間に導かれ、というか吸い込まれ、さらに数百メートル進むと・・・
出た!今度は嫌がらせのような倒れ方。
しかしながら、今日はモチベーションが高い日なので、嫌がりませんwwww

P3190107.jpg
必殺技「パワーワーク」発動で除去w
ムカついて勢い余って、崖の下に投げてしまいそうになりました。危ない危ない。
これで後に続くであろう冒険野郎共も安心でしょう。
ただ、この必殺技の発動でHPが極端に低下したのは事実です。何せオヤヂですから。
ヒィヒィ言いながらデッパツ進行!!

P3190108.jpg
あちゃ~、どんどん酷くなってきたわ。この道もうダメっぽいな、と思いつつ・・・進む

P3190109.jpg
ど~んw
これはちょっと厳しいなぁ。まぁCRM80なら行けるか?
ちなみに、この奥もヤバイです。歩いて確認しましたよ。ただ、画像が無いんですよね・・・
何でだろうなと考えたら・・・思い出しました。
オヤヂなので、この時点で残りHP18、撮影する余裕が無かったのですww

P3190110.jpg
絶景を眺めながら、御休憩XX分。標高1100m位と思われるが、パワーワーク時の空気の薄さもオヤヂの肉体に効いたかもw
作業や格闘という部分は充実しましたが、進んだ距離は合流地点から1km程度という。
そして考えました「疲れた、腹減った、藤川林道はピストン確定したし・・・おウチにけえろうw」と。
ダサイタマまで乗らなきゃいけないので、程々のとこで撤収!

P3190112.jpg
下山すべく、合流地点に戻り・・・
超絶秘技「パイプ・カット」炸裂!!!
まぁ、別に切ったわけじゃないし、怪しい医者でもありませんw
アレしただけです。もちろん元に戻すというルールを守った、というのは画像が証明しているでしょう。
わたしは潔白だ!

てな感じで、最後の最後に必殺技が出るという、まるで漫画のような理想的な展開で静岡遠征無事終了ですw
行ってない林道やスルーした林道があったし(未公開林道もありw)、時間をかけて探せば・・・静岡エリアにはかなりダート林道を発見する事が出来るんじゃないかと。これからは「冬は我慢せず静岡で調査」という暫定プランが完成しました。

最後に未公開の一部をポロリします!

P3190115.jpg

場所は⇒ココ






スポンサーサイト


林道 | トラックバック(0)2017/03/25(土)01:50

杉川林道・奥山林道 【2017静岡遠征④】

島田で一泊し(ビジネスホテルっすw 安くてお勧め)、とりあえず杉川林道の状況を見に行くことに。
このエリアは三年ほど前に来たんですけどね、そのとき既に杉川林道は「ダメ」で、ググったら「今もダメ」みたいなんで、ホント確認程度の気持ちで。

P3190072.jpg
向かう途中、こんなものを見つけてウオーミングUP走行!(場所は⇒ココ

P3190074.jpg
P3190076.jpg
目印はべんてんじまヴィレッジの看板。そして起点到着。期待せず進むw

P3190078.jpg  
4km程で、ゲート出現。しかもサイドもパイプ・ディフェンスという。
自分のアテにならない記憶だと、三年前はサイドがら空きで行けたような・・・
んで荒れた道を行き、崩落箇所を調査可能だった、ハズ。
おそらくワタクシみたいな調査ライダーが多いために防御力上げたんじゃないかと思われw
まぁ、仕方ないですね。ここは引き返しましょう。
というか早く工事して直そうよww

P3190082.jpg
奥山林道へ向かう途中にはこのような怪しげな入り口が結構あります。
が、リアル作業道で・・・いいことは無いですw
かなり時間を無駄にしましたよ。トホホ

P3190084.jpg
ここが国道からのアプローチ・ポイント。大札山登山口付近で南赤石林道に接続するルートですね。
ちなみに、ダート開始まではかなり長く感じる舗装路が続くという・・・

P3190086.jpg
序盤、松尾線が分岐。3kmほどのダート走行が可能。
戻ってくるので、なんと6kmも楽しめちゃいますw

P3190088.jpg
かなり標高の高い所まで来ると、みんなの大好物「ダート」です。
ただ、結構荒れてますよ。小さい岩がゴロゴロと・・・
油断して乗り上げてズルッといってしまいましたw アブネーww
注意して走行しましょう!

P3190091.jpg
標高が高いだけに、眺望は素晴らしい。つーかほんと雪がない・・・
冬は静岡がベスト、という結論が有力か???

P3190090.jpg
P3190089.jpg
実際は景色を眺めてニヤニヤしてる余裕は無かったりするわけでww
進みながら「あー、そろそろTHEエンドな崩落箇所とかありそうな予感・・・」みたいな。
ガードレール無いんで回避走行時は集中力を高めましょう!
ちなみに途中にチェーンゲート有りです。それ自体は比較的楽に攻略可能(可倒式ミラーなら更に余裕)。
ですが、ゲートの向こう側でこの状況ですから・・・
自己責任レベル大幅アップ中です!!!
複数人での走行が望ましいんじゃないでしょうかね、ここは。
今現在の奥山林道、冒険野郎の欲求を確実に満たすしょう。

P3190093.jpg
難所をクリアし、謎の小屋到着。
ドアを叩くが・・・
返事が無い、ただの屍のようだ。的なw

P3190094.jpg
南赤石林道の大札山登山口付近に接続。このゲートはオブジェです、ハイ。

P3190097.jpg
とりあえず南赤石林道を北上。左が杉川林道、右が蕎麦粒林道。
チェーンサイドは鉄壁ではないので行こうか悩む。
・杉川林道は相当荒れているだろうしピストンは確定してる・・・ハイリスクローリターン
・蕎麦粒林道の通行止めの理由は凍結、そもそもピストン道・・・ハイリスクローリターン
まぁ、要するにタリぃなとww
やはりある程度は抜け期待(or あえてピストンを行く特別な理由)がないと、厳しいとこに入っていく為のモチベーションが上昇しませんよねw

なので、ここはためらい無く引き返しです!

へ続く






林道 | トラックバック(0)2017/03/24(金)18:14

林道諸子沢線・樫ノ木峠線 【2017静岡遠征③】

さて、諸子沢線と樫ノ木峠線ですが・・・
この二本は葵区エリアに来たら絶対に走っておきたい林道ですね。
そこそこ距離もあるし「林道っぽい林道」ですから。ガンガン走りたい人も満足ですよ。
特に樫ノ木峠線は高低差もあって楽しいですよ。
ただ、自分の場合・・・現地入り17時過ぎていて結構焦ってたので楽しさは半減してしまいましたww
暗闇の林道って怖いじゃないですか。
というか昔、群馬御荷鉾のスーパー林道が崩落してすぐの時にナイト走行しててですね、まだロープしか張ってないもんだから・・・
全力ブレーキで全身から変な汗が噴き出ましたよ。
これだけの崩落でロープはねーだろwwwwwww みたいなw
まぁ、各ポイントに置いてあったであろう止め看板を無視したんでしょうね。あの頃はまだ若くてイケイケだったw
今は無視はしません、一応警戒はします。止め看板=「注意して進め」です(爆

P3190119.jpg
起点到着(場所は⇒ココ)。ここまでの道が多少わかりにくい。終点からのほうがイージーかも。

P3190121.jpg
林道らしい林道を爆走。但し、舗装区間も結構あるというww

P3190122.jpg P3190124.jpg
途中、川久保線と八ナントカ線(汚れで文字読めずw)が分岐。
方向からして60号と接続するのでしょうが、それを確認しにいく時間的余裕はありませんでした。

P3190127.jpg P3190128.jpg
かっ飛ばしてゴ~ル!終点は「林道横沢大間線の終点」と60号「大間」両方と接続してます。
ちなみに横沢大間線は全線舗装ですが、189号へのショートカットに使えます(⇒189号側
そして大急ぎで樫ノ木峠線へ・・・

P3190132.jpg
気分は瞬間移動w
んで今回は終点サイドから入ることが判明(場所は⇒ココ)。

P3190133.jpg
入ってすぐに、杉ノ沢林道が分岐。熊出没注意の看板、そしてボロボロの道標らしきもの?がかなりイイ雰囲気出してますw
普通ならこのオーラに吸い寄せられ、「とりあえず行ってみる」になるんですが・・・
時間が!(汗
そして・・・

P3190139.jpg
ガソリン残量も気になり始めたw
ビッグタンク搭載とはいえ、林道でブン回し続けてる状況では25km/lそしてリミット280kmで考えないと・・・
長めのこの樫ノ木峠線をクリアして、さらに給油事情が良くないこのエリアを抜けなければならない事も考慮すると寄り道して遊ぶ余裕はないですね。
※実際、給油できたのは新静岡IC近辺でしたよ

P3190134.jpg
涙をこらえ、本線を超爆走。見ての通り、路面状況はグッドですw

P3190135.jpg
途中、トロッコのようなモノを発見。本来なら、この珍しいアイテムを小一時間程度かけて調べ尽くすんですが・・・
今回は断念(涙

P3190136.jpg
ぐいぐい登って
向こう側に見える一本の道・・・遠い、あそこかよ(汗
普段なら「ほぅ」とワクワクしてしまいますが。
というか眺望はかなりイイですよ。

P3190137.jpg
中間あたりで上方向に一本杉峠線(終点)が分岐。まぁこのビジュアルだったらスルーは絶対ありえないんですけどね・・・
「また今度来てやる。その時にイクっw」と誤魔化して進みましたよww

P3190140.jpg
今見れば、部分禿げの様な山が面白いですねw

P3190141.jpg
終盤、こんなのもありましたよ~

P3190142.jpg
そして、無事抜けました(場所は⇒ココ)。
起点サイドでは通行止めを強調してますが・・・
特に難所も・・・
制止・進路妨害アイテムすら・・・
まぁそういうことは堂々と話す事でもないですよね。
一応、情報として、ですw

に続く






林道 | トラックバック(0)2017/03/23(木)15:04

林道権七峠線・オオグナ線・鍋伏線 【2017静岡遠征②】

次は県道27号の南側、権七峠線へ・・・

P3180051.jpg
流れ上、終点からのスタートに。場所は⇒ココ

P3180052.jpg
路面状況は良好。イマイチな黒川線とバトルばかりだった竹ノ沢で増大したストレスを思い切り発散w
但し、スピード出しすぎには注意です!

P3180053.jpg
途中の分岐を曲がってして爆走すると・・・

P3180054.jpg 笠張峠に抜けます。そして、道標により、分岐以降がオオグナ線であることがここで分かるw

P3180056.jpg
当然、分岐に戻り爆走再開。後輪を滑らして遊ぶ様な危険行為はダメ、ゼッタイ!

P3180060.jpg
すると再び分岐に到着。画像では左から来たように見えますが、手前からキテマスキテマスw

P3180057.jpg
左に行くとこんなレアな建造物が・・・
林道マニアにはタマラナイ物件ですが、よじ登ったりぶら下がったりするのは禁止!
さり気なく眺望良好。押さえておきたい観光ポイント認定。

P3180062.jpg
右に行くと鍋伏線に合流となりますが・・・
好奇心が旺盛だとこのような↓ どこか楽しい展開にww

P3180066.jpg
P3180068.jpg

詳しいルートは面倒くさいので書きません。
というか、現地で散策して遊ぶ楽しみという部分もあるじゃないですか?
謎だから楽しい・・・林道ってホント素晴らしいですねw

【3】へ続く





林道 | トラックバック(0)2017/03/21(火)17:49

林道黒川線・竹ノ沢線 【2017静岡遠征①】

この時期、残雪なくそこそこの距離を走れる林道を求め…
静岡逝ってきました。
伊豆ではありません、あそこは幻のエリアじゃないですかw
川根本町近辺です。
寸又峡はめったに雪降らないという情報を入手し、ならば近辺は大丈夫だろうと判断。
1000m級で雪なし、これはレアでしょう。
otya.jpg
静岡到着。お茶畑がハンパない。いやほんと、行けばわかるさ。
というか連休初日の渋滞あり、そして寝坊ありで到着昼過ぎなんですがw
とりあえず黒川林道へGO!

kro.jpg
入り口到着(場所は⇒ココ)。んで曲がると・・・

kanba.jpg
こんなモノが置いてあり、あれこれ細かく書いてありましたが、「本日規制なし」の為、気にせずGOGO!
まぁ、規制ありでも一応様子を見に行く人間ですけどねww

stt.jpg
真の起点からイクっ!

krjar.jpg
なんかフカフカ浮き系砂利で走りづらい感じ。正直、ウオーミングアップ一発目には適さないですね。

take.jpg
途中、竹の沢林道分岐発見。通行止めらしいが、かなりやる気のない制止・・・
止める気あんのかと問いただしたい気分にw

snou.jpg
何と!まさかの雪登場(汗
情報と違うじゃない、責任者出て来い!と叫びたくなりましたが、二日間走って雪があったのはこの数十メートルの部分だけでしたw

goal.jpg
舗装部分に抜けたので、先ほどの竹の沢林道分岐地点へ戻り・・・
 
takenos.jpg
むしろ招いているんじゃないか??? そんな錯覚すらww

takenos2.jpg
進むと・・・むむっ、片方は倒れてはいるが、多少やる気のあるのが出現。

takeisi.jpg
途中こんなものがありました。サイズは墓石。ただ、これに向かって手をあわせるとか、そういう類のものではないでしょう。

takenos3.jpg おや?かなりやる気のある軍団が現れた!どうする?

last.jpg
数々のバトルを繰り返し、ついにラスボスへ!

irigu.jpg
まぁ、逆から竹ノ沢林道に入ったから、徐々に相手が強くなるというゲーム性が生じたのは紛れもない事実ではあります。
ちなみにこの場所は⇒ココ

に続く




林道 | トラックバック(0)2017/03/20(月)15:39

シフトペダル交換しますた

 気分転換、とういうか何かをしたくなり・・・

ペダル購入w

 

 IMG_20170311_102705.jpg ビッグタンクで有名な・・・


んで、すぐ作業。ボルト回すだけw
new.jpg

とりあえずノーマルっぽいポジションに取り付けましたが、ブーツで林道走るには上げる必要あるでしょう。
しかしながら、それをやろうとすると・・・干渉するwwww
さすが海外メーカーのクオリティは素晴らしい???
それとも私の選択が間違ってるのでしょうか?これ250R用なんですよね。んでパーツリスト調べたら・・・
ゼネレータカバーのパーツ番号は違う。これは意外でした。
が、ペダルの番号は同じなので・・・
「海外メーカーのクオリティはホニャララ」確定ですw

まぁ、数ミリ程度ぐいっと曲げれば(拡げれば)いけそうなので気にせず。
腕力での曲げ加工には自信あり、です(アホ丸出しですねw)。


gomi.jpg さらば鉄屑w






メンテナンス | トラックバック(0)2017/03/11(土)19:49

そろそろDT200WRを…

18日からの連休に遠征する予定はあるけど・・・それまでは暇なので(スノー走行を楽しむマニアではないし、毎週雪のない千葉行くのは厳しいw)現状販売で入手して放置中のDT200WRの整備計画を妄想しました。
とりあえず現物確認開始。

eng.jpg
フレームの状態はまずまず。しかしアンダーガードがない・・・

fend.jpg
くたびれた外装、そしてなんか気に入らない社外ウインカーw
arm.jpg
ガイド破損・・・というか経年劣化による崩壊か

thro.jpg
さりげなく割れているスロットルのカバー


エンジンは問題なし、普通に吹け上がる。が、キャブOHは必須だし、さらに安心感を得るためには最低でもピストンリング交換・・・
というか、やはり20年以上経過した車両というのは樹脂系・ゴム系部品がやばいですね。
なのでそこらへんを重点的に(とりあえず見た目ww)。まだ結構部品出るみたいなんで。
そしてハンドルの色・形がしっくりこないので、交換!
ケーブル・ワイヤー類も新品に換えましょうか。僻地で切れたら怖いんで。
フォークもテクニクスに送りつけちゃおうかなw

アンダーガードは林道走行には必須でありながらDT200WR用は入手困難。オクでもなかなか出ない(汗
みなさん流用とかしてるんですかね?
フレームガードは入手困難だったが、去年奇跡的にZETAのラインナップに入ったので入手可能。

※ノーマルウインカー、その他コツコツ収集してきたレアっぽい当時モノ部品などが若干手元にあり。

しかし・・・この楽天的妄想に関して、一番の問題は予算でしょうねww
正直、サブ機にアクセル全開でつぎ込めるほど余裕あるオッサンではありません。
メインがKLX250SRというレベルですからw


DT200WRの件 | トラックバック(0)2017/03/04(土)17:39

«  | HOME |  »


プロフィール

yamasang

Author:yamasang
無断リンク大歓迎

検索フォーム

Garmin eTrex 20x

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。